システムについて

もしも、ではなく
今起きていることを知る重要性

過去の凡例から危険個所を伝えるだけで十分と言えるのでしょうか?
避難所や近くの河川、いつも使う道路が「今」どうなっているのか。
災害リスク・防災情報の見える化システム(以下、当システム)は地域の人が本当に必要としているリアルタイムの情報を管理・集約し、LINEなどのメッセージングアプリや、SNS公式サイト上で簡単に共有することができるシステムです。

システム特徴

自治体での導入実績あり!
独自のプログラムで抜群の操作性!

管理画面から
3分で簡単作図

場所を選んで線を引くだけのシンプル操作。危険箇所や通行止めなどを管理画面上から簡単に作図できます。

降水予報・降雪予報等も掲載可能

地域独自の災害リスク情報に加え、気象庁や国土地理院が公開しているデータであれば、ほぼ全てマップ上に掲載(表示)可能です。

災害区域が一目瞭然

マップとあわせ、状況の説明やメッセージも表示可能です。

避難所管理機能

有事の際、事前に登録しておいた避難所一覧から開設している場所を選び、簡単にマップ上へ表示可能。また、アイコンやテキストで設備情報も同時に表示されます。

SNSやメッセージングアプリ
とも相性抜群

作図した危険箇所や災害情報は各種SNSやLINEなどのメッセージングアプリなどですぐに配信ができます。また、ユーザーはURLをクリックするだけで閲覧が可能です。(ログイン・アプリインストール等は不要)

機能紹介

情報の一元管理や、ネットに接続できない人(高齢者)等へも寄り添える機能をご提供できます。

自分が今いる場所から開設中の避難所への経路を確認可能です。

※自身の位置情報をONにしている場合に限る。

AEDマップや防火水槽、消火栓、公共施設などの位置データ掲載・閲覧が可能です。

河川氾濫、土砂崩れ、雪崩など、発信された情報の中からユーザー自身が選択し、表示・閲覧(情報のレイヤー表示)が可能です。

管理画面からユーザーへ向け、ハザードマップ画面上に任意のメッセージを流すことができます。

平時はマップ上へ観光情報や公共施設を表示し、非常時には危機情報を表示させるといった、平時・非常時で運用の切り替えも可能です。

※別途オプション

Knativeな環境に構築されいますので、非常時にアクセスが集中しても高耐久。
HTTPリクエストに基づくシームレスな自動スケーリングを行います。

災害発生時に、対策室や関係各所との情報共有がこのシステムで一元化できます。

ネットに接続できない人(高齢者)等に、SMSや電話(自動音声)をかけることも可能です。

※別途オプション

導入の流れ

導入イメージのすり合わせとプランのご提案、仕様・設計ルールのヒアリングを行います。

ご要望に沿った要件定義と、システムの開発を進めていきます。

各種データ反映、正常稼働テストを実施した後、システムとマニュアルを納品いたします。

本稼働前に運用者向け講習会を実施いたします。

※リモートで実施予定。

よくあるご質問

  • お問合せ・ご相談

    導入をご検討の方へ。
    全国どこでもオンラインにてお打ち合わせいたします。
    遠方の方もお気軽にご相談ください。

  • 販売店募集
    お問い合わせフォーム

    弊社では当システムをお取扱いいただける販売店様を募集しております。
    ご契約いただいた販売店様には、安心して顧客へご提案していただけるよう、提案資料や導入時のQ&A、操作方法などをご用意しております。
    お気軽にお問い合わせください。