キキシルとは?

もしも、ではなく
今起きていることを知る重要性

過去の凡例から危険個所を伝えるだけで十分と言えるのでしょうか?
避難所や近くの河川、いつも使う道路が「今」どうなっているのか。
キキシルは地域の人が本当に必要としている情報をLINEなどのメッセージングアプリや、SNS、公式サイト上で共有することができるシステムです。

キキシル特徴

自治体での導入実績あり!
独自のプログラムで抜群の操作性!

管理画面上から
3分で簡単作図

場所を選んで線を引くだけのシンプル操作。危険箇所や通行止めなどを管理画面上から簡単に作図できます。
作図後はURLを送るだけで情報共有が可能。 LINEなどのメッセージングアプリとも相性抜群。

※画面はサンプルとなります。

降水予報・降雪予報等も
掲載可能

地域独自の災害リスク情報に加え、気象庁や国土地理院が公開しているデー タであれば、
ほぼ全てキキシル上に掲載(表示)可能です。

※画面はサンプルとなります。

避難所管理機能

有事の際、事前に登録しておいた避難所一覧から開設している場所を選び、簡単にマップ上へ表示可能。また、アイコンやテキストで設備情報も同時に表示されます。

※画面はサンプルとなります。

機能紹介

キキシルが提供する機能

自分が今いる場所から開設中の避難所への経路を確認可能です。

※自身の位置情報をONにしている場合に限る。

AEDマップや防火水槽、消火栓、公共施設などの位置データ掲載・閲覧が可能です。

河川氾濫、土砂崩れ、雪崩など、発信された情報の中からユーザー自身が選択し、表示・閲覧(情報のレイヤー表示)が可能です。

管理画面からユーザーへ向け、ハザードマップ画面上に任意のメッセージを流すことができます。

平時はマップ上へ観光情報や公共施設を表示し、非常時には危機情報を表示させるっといった、平時・非常時で運用の切り替えも可能です。

Knativeな環境に構築されいますので、非常時にアクセスが集中しても高耐久。
HTTPリクエストに基づくシームレスな自動スケーリングを行います。

ご利用料金
シミュレーション

初期費用
498,000
(税抜)

scroll▶

都市人口保守管理費用サーバー利用料初年度 合計 ※1
~10万人
360,000円/年
(30,000円/月)
720,000円/年
(60,000円/月)
1,578,000円/年
(131,500円/月)
~20万人
360,000円/年
(30,000円/月)
840,000円/年
(70,000円/月)
1,698,000円/年
(141,500円/月)
~30万人
360,000円/年
(30,000円/月)
960,000円/年
(80,000円/月)
1,818,000円/年
(151,500円/月)
~40万人
360,000円/年
(30,000円/月)
1,200,000円/年
(100,000円/月)
2,058,000円/年
(171,500円/月)

※1 初期費用を含みます。

※あくまで都市人口ベースの目安となります。想定利用者数に応じて別途ご相談の上、ご提案いたします。

※広域災害発生時など、想定利用者数を超えた分のサーバー利用料は別途お見積りとなる場合がございます。

※表示価格はすべて税抜です。

導入の流れ

導入イメージのすり合わせとプランのご提案、仕様・設計ルールのヒアリングを行います。

ご要望に沿った要件定義と、システムの開発を進めていきます。

各種データ反映、正常稼働テストを実施した後、システムとマニュアルを納品いたします。

本稼働前に運用者向け講習会を実施いたします。

※リモートで実施予定。

よくあるご質問

お問合せ・ご相談

導入をご検討の方へo
全国どこでもオンラインにてお打ち合わせいたします。
遠方の方もお気軽にご相談ください。
「あれがしたい、これがしたい」など、ご要望お待ちしております。

キキシル

ローカルハザードマップ キキシル に関するご質問・ご相談はこちらより承っております。
実際に操作いただけるデモ版のお申込みもこちらのフォームよりお申込いただけます。

※【する】を選択いただいた方へは、別途メールにてデモ版URLをご案内いたします。